KAL HO NAA HO
坂口愛子の人形日記です。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人は心で動くもの



人を見た目だけでしか判断できない人は悲しい。
人のうわっつらだけしか見えない人は悲しい。
上から目線でしか、物事を見る事ができなくなった人は悲しい。


大人の付き合いというけれど、自分を持ち上げるだけ持ち上げる人間は、自分を利用しているだけ。裸の王様になってはいけない。
不器用でも相手の立場にたって、心配したり、考えて、本気でつきあってくれる人間を大切にしたいと思う。
素直で純粋な心を持った人間を大切にしたいと思う。


それが私が持っているプライド。
たとえ子供だといわれてもね。
それを傲慢と言いたければ言えばいい。
スポンサーサイト

あとは

誠意を尽している人間の心を踏みにじる行為を繰り返す人間は、おいて行くだけ。

私は、自分が間違えていたら、素直にそれを受け入れて、自分の非を認めるというのが、本来の人間の姿だと思う。
それが出来ない人間は。傲慢だと思う。
Topレベルの人間こそ、そういうことはきちんと出来ている。

まだはだかんぼ



今日繋ぎました。
ちょいと化粧を濃いめにしました。

気力がわかないっす。


久しぶりに暴力的な人形を!!



今回の子は久しぶりに、クールで、パワフルで、ボカンって感じでいきたいと思っています。

ニヒル牛に出したお嬢さんを塗り直してみたのでした。


眉毛は、やっぱり必要無いな!!


ストレス解消!!




月・火と、少しだけまともに睡眠をとって、やっと知恵熱も下がってきました。
(睡眠不足が続くと、すぐに熱がでちゃうんです。)

で、元気になってきたので、久々にパッセコンポゼへ!

ここは、人形学校の大先輩、福岡さんのやっているお店で、フランスの蚤の市で探して来たアンティークのレースやファブリック、雑貨、ランプシェイド等、素敵なもので一杯なのです。

本当は、浪漫館の人形のお洋服の材料は、ここで調達できたらなぁと思っていたのですが、なかなか行く暇がなくて。
今後のこともあるし、今回、写真撮影の時に福岡さんのとこで買ったレースとちょこっと人形とかませたら、楽しく人形が撮影出来たので、忙しくならないうちにまたのぞいてみようと、仕事が終わってから、ぎりぎり店に滑り込みました。

ちょうど、福岡さんが帰国されたばかりで、お店は、夢見るように可愛いファブリックがてんこもりでした。そして安い!!セットで1500円とか、信じられまへ~ん。
調子にのって大量購入!!

自分の洋服を購入するのより、ストレス解消できました。

ちなみに、今回、浪漫館の展示で自分の人形のディスプレイに使ったくたくたレース襟巻きは、以前、福岡さんのところで購入したものなんですよ。




Federico様にお誕生日にいただいた、バカナルのマカロンの箱と組み合わせると、ぱり~な感じになって可愛いでしょ!!

今日からです。   「クリスマスの招待状 ***御注意あそばせ***」

しつこいようですが、再度告知。

横浜浪漫館企画展

ヒロタサトミPresents
「クリスマスの招待状 ***御注意あそばせ***」
2008年12月6日(土)~21日(日) PM1:00~6:00
火・水・木休館日
参加作家
朱彩美、小沢茂、Omake-Wonder-World、木本黒陽、きんすなご、小林絵美、
坂口愛子、題府洋子、鳥居椿、中川多理、野村直子、ひかり、ヒロタサトミ、まな、
山吉由利子、四谷シモン 

昨日、ちょこっとだけ飾り付けに参加させていただいたのですが(まあ、ほとんど役に立ちませんでしたが。)、それぞれの作家様の個性が爆発していて、本当に素敵で、密度の濃い展示になりました。混沌展以来の感動。
最後に野村直子様の絵と人形の飾り付けが終わった時にには、その場にいた全員がもう感動の嵐!!なんてなんて可憐で、素敵なのでしょう!!


私自身も、実はこの1ヶ月、すごいプレッシャーで押しつぶされそうになりながらも、必死で人形を作っておりました。
すごいメンバーだから、ぺーぺーの私は、絶対に妥協もできないし、手も抜けない。変なものは出せない。


もちろん、皆様の作品を目の当たりにして、技術的にも、精神的にも、まだまだ勉強しないといけないことがたくさんあるのですけどね。
ああ、人形道は長いです。はてしないよ。




グリーンの瞳の子の写真です。
実は、こっちの子の方が、個人的には好みなのです。





最後に、横浜浪漫館のみゆきさん、さやかさん、ヒロタさん、昨日は本当にありがとうございました。おつかれさまでした。



告知 「クリスマスの招待状 ***御注意あそばせ***」

dm.gif

すっかり告知が遅くなってしまいましたが。

横浜浪漫館企画展

ヒロタサトミPresents
「クリスマスの招待状 ***御注意あそばせ***」
2008年12月6日(土)~21日(日) PM1:00~6:00
火・水・木休館日
参加作家
朱彩美、小沢茂、Omake-Wonder-World、木本黒陽、きんすなご、小林絵美、
坂口愛子、題府洋子、鳥居椿、中川多理、野村直子、ひかり、ヒロタサトミ、まな、
山吉由利子、四谷シモン 


すごすぎる作家様方とご一緒なので、下手な私が、一人で足を引っ張るんじゃないかとドキドキです。実はこの1ヶ月、すごいプレッシャーで押しつぶされそうになりながらも、必死で人形を作っておりました。
そして、ニヒル牛との展示とへいこうして作業をすすめていたので、本当にキツかった!!
でも、その分、達成感はいつもよりあるのよ。


私は写真の人形と、グリーンの瞳の子を出品します。















しかし、なんででしょうね。出来上がってみたら、母にそっくりなのでした。
(もちろん、父親似の私には、似ていません。)





双子じゃなくて




今回の企画のプロデユーサーのhirotaさんからは、双子がいいなというリクエストをいただいていたので、そのつもりで作っていたのですが、仕上げに近づくにつれ、ピンクレディ化しています。(衣裳もね。)

あいかわらず気が強そうだとだれかさんに言われそう。

この娘は、はくろほうでない方の子です。

出来上がりは、横浜浪漫館にて。



プロフィール

坂口愛子(sakaguchi kanako)

Author:坂口愛子(sakaguchi kanako)
エコール・ド・シモン所属

KAL HO NAA HO とは、「明日が来なくても」という意味です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。