KAL HO NAA HO
坂口愛子の人形日記です。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とりとめもないこと。

今日は2日早い新年度式でした。
一年間がリセットされて、また一からはじめる感覚、好きです。

で、社会人になり、販売員をはじめたころの、店長の言葉を思い出していました。
「常に店長になったつもりで、考えて、行動しなさい。」

この言葉は、なにも、偉そうにふんぞり返っていろということではなく、自分が所属する組織の発展のために、常に未来をみすえて、真剣に考えて、自分の行動に責任を持てということだったのだと思います。
販売、ということでくくってみると、自分がどういう行動をとったら売り上げを増やせるか、それは、トップだけが考えればいいことなのではなく、メンバーみんなで考えないといけないという意味。

昨年から、色々なところで人形を出品させていただいていますが、どこに出品するにも、このことを念頭において、出品しています。


まず、私は、エコール・ド・シモンに所属している(所属していた?!)という事実がある。
だから、自分がお世話になった、学校の看板に泥を塗るような、ギャラリーに迷惑をかけるような我がままな行為は、許されないと思っています。

そして、自分の作品を出品させていただいている以上は、ギャラリーも自分
にとってのお客様だということ。
自分が販売をやっていたという経験もあり、売るということがどんなに大変なことか、本当に身にしみているので、自分の作品を売るということを前提として預かってくださったギャラリーに対しては、本当に感謝の気持ちで一杯で、自分がどういう行動をとったらギャラリーに迷惑をかけてしまうのかということを、相手の立場で考えて、常に行動しているつもりです。
万が一、ギャラリー側とのコミュニケーション不足で、結果としてギャラリーに迷惑をかけ、失礼なことをしてしまったら、それはすべて自分の責任で、素直に謝罪することにしています。
もし、作品が売れたとして、それは、自分の力ではない。ギャラリーの存在があったからこそ、売れたのだと思っております。


2月の展示が大成功に終わったのは、参加メンバー全員が、そういう謙虚な方々の集まりだったからだと思っています。
もちろん人間だから抜けているところもあって、私なんてヌケヌケちゃんで、本当にまわりからたくさんフォローをしていただいたのですが、全員がこの展示を成功させようという気持ちが強くて、お互いを助け合って、ギャラリーに対しても、メンバーに対しても、尊重しあえたから、あんなにすごいパワーのある展示が出来、最後のサプライズも神様がプレゼントして下さったのだと思う。
本当に謙虚すぎる位真面目なメンバーで、かつ、その中で、自分の個性を最大限に発揮できるのって、皆さん本当に優れた能力を持っているなと、尊敬してしまいました。

だから、Noahさんのお人形を、マークが購入したのも、偶然ではなく、必然だったのです。
(この件で、展示もみていない、事情を知らない方からの信じられない発言を聞いて頭にきているので。ここではっきり言っておきます!!)



変なプライドばかり高くて、はたからみて、自分の能力を過信して、偉そうに、ふんぞりかえっている人間は苦手です。とってもひとりよがりなんだもん。自分のことしか考えていない。 傲慢だと思う。
現実が全く見えていない。
こういう人が作品を作ると、作品にもそんな面が出てしまうような気がします。



謙虚な人間でいたいなぁと思っています。



これ読んでいたら、なんだか胸がジーンとしました。
http://japan.zdnet.com/sp/feature/08eric/story/0,3800086749,20390688,00.htm
スポンサーサイト

穏やかな日々

20090329223247
下処理完了。


色々な意味で、心が穏やか。



心が震えるような、そんな人形になってくれるといいな。
今考えているのはそのことだけ。

カツラと和紙染め

20090328180253
今日はミクニさんへカツラ探しに。
みつからなかったら、学校で頼むか、ネットでオーダーするしかないかなぁと思っていたのですが、市松さん用のがピッタリの雰囲気だったので、これにしました。

その後、新宿のハンズでドリル購入。


家に帰って、和紙を染めてみました。
使い方は秘密。
老眼の人には使い易いのではということで。

色を胡粉をとく時に使ったら、可愛いくなりそうな予感。
最後は油彩塗装だから、あまり意味がないかな。

卒業

今日、学校を卒業しました。

な~んかスッキリした!!

途中○○しちゃおうかな。

20090319235035
というのはウソ。

私はそんな無責任なことはできない。いい加減なことはできない。まわりに迷惑をかけることはできない。まわりをばかにした行動はとれない。
それは、まわりの人たちの力で、私は生かされていると感じているから。

融通がきかない人間だと思われても、この生き方はかわらないだろうな。
とても、まっとうな考え方だと思っています。

母親

20090317225147
ビリケンさんで展示をやった時、人形のモデルはと聞かれ、母親ですとこたえていた。


今回の子が一番母親に似ている気がします。


考えてみたら、最初の人形から、ずっとずっと母親を作り続けていて、あと四年で、母親の倒れた歳になります。

七月の子

20090315205027
好きなタイプの顔になってくれています。


黒髪のおかっぱにしよう。

肌の色も楽しめそう。

いま、メディウム比較をして、どれを使うか思案中。

やっぱり、超速乾が、やわらかくて伸びがよくていいような気がしてきました。テカるのかなと思っていたらそうでもないみたい。

蜜蝋の入っている、ベネチアンメディウムにも興味あり。

最近思っていることがあって、先入観で、こういうタイプの人形は駄目とか決めつけないで、色々なタイプの人形の存在や素晴らしい所を認め、受け入れることが、自分の好きな人形を世の中に受け入れてもらう、一番の近道だなと思っています。


というか、自分の世界が広がった分、色々な人形の存在を知ったから、こんなこと言っているのかも。


相手を受け入れずに、自分の好きな人形を主張したところで、受け入れてもらえるはずがないのです。


今日、銀座のエンジェルドールへ行ってきたのだけれど、やっぱりすばらしい。
石塑や桐塑や張り子の人形の方が好きだったりするのだけれど、ビスクにはビスクの良さがやっぱりある。


最終目標は、福松の人形の神々しいまでのあどけなさなんだけどね。

やっぱり腹ボールはかわいいな。

20090314061823
気の弱い少年っぽい少女にしたいな。

そして

20090312063911
一度やってみたかった、ウエスト球にも挑戦。

ムム、これは難しい。もう少し球が大きくてもいいのかな。
tamakoさんの人形みて研究しよう。

時間が一杯出来たので

20090311224819
首を独立球にしてみました。

次の浪漫館での展示でお会いしましょう。

結局オーソドックスな肌色

20090307223418
油彩の仕上げ、まだまだ下手ですが、こうすればベストというきっかけはめたような気がします。
ただ、時間が足りなかったな。
こんどは一か月半位かけて、ゆっくりやろう。

あ、前日記の非常は非情でした。

maquisさんからの指摘。


ちなみに、顔だけ上手く油彩がのらなくて、本日全てを拭き取り、最後の二層以外は、結局アルキド樹脂絵具の力を借り、今日塗りました。


あとは、日曜日~火曜日で、油絵具が乾いてくれるかどうかです。
速乾のマットメディウムをまぜていますが、これまたマットになるオイルとラベンダーオイルをまぜているので。

そして、油彩と油彩の間に、パステルをのせているので、オーソドックスながらも、不思議な色合いになっています。


油彩は、仕上げにやわらかさが出るので、好きだな。

思うことがあって

姉から一月に、嫌な思いをしてストレスをためてまで尽す価値が無いと思うのなら、そのために余計なエネルギーをついやすのはもったいないと言われたので、ある事をきり捨てることにしました。

私、きり捨てると決めたら、非常です。


自分のことしか考えていない、わがままな人間にふりまわされたり、自分の悪いのを棚にあげて、逆ギレされるのも御免だし、現実が全く認識できていない、目先のことしかみえていない、プライドばかり高い人間ともかかわりたくない。
回りに迷惑をかけていながらひらき直って、平気な顔をしていられる人間は最悪です。

もちろん、切り捨てるという行為も、勇気がいるし、痛みはともなうものです。


でも、私の目は常に未来を向いているし、全体をみての判断しかできない。この人と親しいからとか、好きだからとかの判断ではないんです。
私のかかわる世界に生きている全ての人のために、人間としてどういう行動をとらなければならないのかというスタンスでしか、判断できないから。


だから、そのためにならないものは、自分の事しか考えられない人間は切り捨てるしかない。



これ以上だれかを嫌いにならないために。

油彩パステル仕上げに向け

20090301104648
油彩が乾く前にパステルをのせてみました。
あと2色のせたい。
この状態がある程度乾いたら、油のせて残りの2色をのせてみよう。



プロフィール

坂口愛子(sakaguchi kanako)

Author:坂口愛子(sakaguchi kanako)
エコール・ド・シモン所属

KAL HO NAA HO とは、「明日が来なくても」という意味です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。